こんにちは、たかしです^_^

この前の休日に慶良間諸島の座間味島へ行ってきました。
image


座間味島は那覇からフェリーで約2時間(高速船なら約1時間)の場所にあり、私が昔住んでいたことのある渡嘉敷島と同じく国立公園に指定されている慶良間諸島の1つ。

慶良間諸島の中では一番栄えている島なのです。

まずは泊港のとまりんで事前に予約しといた乗船券を購入すべく並びます。
image


近年の慶良間諸島の人気は凄まじく、事前に予約しとかないと乗れないこともしばしば。

30分前までに乗船券の購入をお願いしますとのことだったので、余裕を持って1時間前に行きましたが、既に行列でした。
image


外国人の方は色々質問したりする方が多く、乗船券購入に時間がかかったりするので、なかなか列が進みません。
image


無事に乗船券購入しまして、
image


いざフェリーへ!

image

↑危うく見慣れている渡嘉敷行きのフェリーに乗りそうに…(笑)

↓こちらでした。
image


船内の様子。
何だか新しくてメチャきれい。
image


船内では早速海見ながらのんびり泡盛♫
image


慶良間諸島内に近づくにつれ、海の青さも変わってくるので、乗船客もデッキにたくさん溢れてました。
image


フェリーはまず同じ慶良間諸島内の阿嘉島に寄港。
image

image

image


ちなみに阿嘉島は8年前に行ったことがありまして、その時に橋で繋がってる慶留間島も行ってますし、渡嘉敷は離れてからも毎年のように行ってるので、慶良間諸島の有人島で行ったことなかったのは座間味だけなんです。

やはり慶良間は海の青さが違ーう!
image


阿嘉島を出港して、いざ座間味へ。
image


image


遠くて分かりづらいですが、以前お酒の席でご一緒させていただいたこともあるダイビングショップ「USHIO」さんの船発見。
image


そんなこんなで無事に座間味につきまして、ここからはバスでビーチへ。
バス案内が分かりづらく、乗り場はカオス(笑)
image


車内はぎゅうぎゅう。
image


5分ほど揺られて、座間味で一番メジャーな古座間味ビーチへ。
image

image

image

image


キレイはキレイなんですが、人多すぎなのと、パラソルやシュノーケルセットのレンタルショップの客引きがしつこくて落ち着かなかったので、早々に引き上げて、港の反対側にある阿真ビーチへ再びバス移動。
こちらは向かう客も少なく私含めて3人でした。
image


古座間味と比べると、逆に閑散としていて、これはこれで寂しい…(笑)
image


お腹が減ってきたので、近くにあったパーラーへ。
image


この掘っ建て小屋感がなんとも離島らしさを物語っています(笑)

無難にカレーを注文。
image


カレーは裏切らないですね。

再びビーチに戻りまして、
image


しばらく海に浸かりまして、身を清めてました。
沖縄のキレイな海に浸かると、色んなものが洗い流されてる感じがして好きなんですよね。
ただ正直、座間味の海は自分とあまり相性がよくないというか、まだ仲良くなれてない。
なんだか、スピリチュアルな話ですいません。
なんとなくなんです。

そんなこんなな、あまり中身の無い座間味旅となりました。
image


まとめとしては、慶良間はどの島も美しいけど、私は渡嘉敷住んでたこともあって愛着があるからかもしれないけど、那覇からのアクセスを考えると座間味、阿嘉はフェリーで2時間に対し、渡嘉敷は約1時間、高速船ならその半分ですし、
渡嘉敷は阿波連ビーチなら集落とビーチが隣接しているので、食事移動も楽チン。
また遊びの幅も渡嘉敷の方が私は広いので、どこ行くかって迷った時に、やはり私は渡嘉敷選ぶかな〜。

だけど、馴れた場所ばかり行ってても新しい発見は生まれないですからね。
そういう意味で座間味に行けて良かったなと思います^_^

今日も読んでいただきありがとうございます。
感謝。