こんにちは!さとこです( ´ ▽ ` )

だいぶ前の事になりますが、ちびた飛行機デビューの時の事。

里帰りの為、2m28dでちびたと二人きりで飛行機に乗る事になりました。

こんなに小さな赤ちゃんと飛行機…
何を持って行ったらいいの!?
泣いたらどうするの!?
オムツ替えは?!
耳抜きは!?!?!?

と、心配性の私はとにかく調べまくった事を覚えています(>_<)
その時も色々な方がブログに情報を載せていて下さったおかげでとても助かりました。
なので、私の経験もどなたかの参考になる事があれば…と、記録しておこうと思います!

***

ちなみに私が利用したのはANA
那覇⇄新潟は、約3時間。
那覇→新潟を利用したのは2m28d。
新潟→那覇は、4m2dの時でした。

まずは…
〈持ち物〉
オムツ(ちょっと多めに4〜5枚)
☆着替え(ウンチ漏れが心配で2セット)
☆親子健康手帳
授乳ケープ
オムツ替えシート
抱っこ紐
哺乳瓶(哺乳瓶の乳首のみ取り出しやすい所に準備←詳しくは後ほど)
☆スティックタイプの粉ミルク
小さい絵本、おもちゃ
ガーゼハンカチ

子ども用の荷物は、こんなところだったと思います。そこに、私の荷物を必要最小限にしたつもりでしたが、いつもの鞄はパンッパン‼︎

もっと減らせばよかった…
と考えると、この月齢なら絵本、おもちゃは必要ありませんでした。

そして、哺乳瓶、粉ミルクは人によっては必需品。私は、当時ごく稀に母乳が枯れ果てる事があったので念の為用意しましたが、出番はなし…。

***

では、空港での過ごし方〜離陸、着陸まで。
その中であって良かったマークを付けた物を紹介していきます!

まず、離陸時の耳抜きと機内で寝てもらう為に授乳時間、睡眠時間を調整する必要がありました。
当時の授乳間隔は、3時間。
助産師さんから、飲んだばかりでも耳抜きの為に吸わせてもいいよ!と言われていたのですが、そうなるとちびたは母乳を吐く恐れがあったので空腹過ぎて直前に授乳にならないように、そして飲みすぎて吐かないように、離陸の時に2時間空いているように調整しました。

そして、睡眠は眠くなったら寝る!というのが、当時のちびたのリズム。
なので、家にいるよりも早めに空港に行き、刺激を与えて起きていてもらう作戦に。

その為、当日2時間前に空港到着。
すぐに授乳。
お昼ご飯を食べたり、散歩をしたりしながら、ちびたが寝ないようにする。

ちなみにこの時は、空港のベビーカーに乗せていました。ベビーカーは、搭乗口で返却なので助かります!

手荷物検査を通る前に最終のオムツ交換。
通った後でも良かったのですが、ここまで見送りのたかしがいてくれたので、ここで済ませました。

小さなお子様連れの優先搭乗を待つ間に、ついにちびた熟睡。。。
ですが、すぐに搭乗手続きか始まりバタバタしていたので、そんなに寝ていなかったはず…

搭乗口でベビーカー返却。
座席に座り必要な物をすぐに使えるよう準備。

私の場合は、
①授乳ケープを首から下げておく。
②哺乳瓶の乳首部分だけ、すぐに出せる所に置く。
③抱っこ紐の腰ベルトを装着し、すぐに使えるようにしておく。
自分の飲み物、スマホを編みポケットに入れておく。

そして、飛行機が動き出したら授乳開始!!

ですが、その後滑走路に入るまでに順番待ちになり結構時間がかかりました。
なので、滑走路に入ってから授乳開始!でも良かったと思います。

この時、やっぱり他のお客さんの目もあるので
授乳ケープは、あって正解でした。

そして、離陸後の気圧の変化が落ち着くまで授乳。

落ち着いたところで抱っこ紐を装着。するとすぐに爆睡。。。
その後、ありがたい事に着陸するまで眠り続けてくれたちびた。
その際、両手も空くので抱っこ紐も必需品。
抱っこ紐こなければ、こんなに爆睡しなかったかもしれませんしね!

そして、着陸の為高度を下げ始めるとまた耳抜きが必要になるので授乳予定でしたが、ちびたは爆睡のまま。
起こすよりも、寝ていてくれた方が助かるので、耳が痛いのかは分かりませんが、ちょっともぞもぞしたところで、哺乳瓶の乳首登場!!

これは、助産師さんからのアドバイスだったのですが、もし授乳ができなければおしゃぶりでもいいよーと。

でも、おしゃぶり持ってないんですよねーと言うと、哺乳瓶の乳首に空気が入らないようにティッシュを詰めて代用できますよ!との事。

こんな感じ。
IMG_4854


これを、口に入れると半分眠りながらチュッチュ…
こうして唾を飲み込む事で耳抜きが出来るんですねー。

なので、おしゃぶりもしくは哺乳瓶の乳首おすすめです!!
哺乳瓶の乳首の場合、すぐに使えるように予め哺乳瓶から外してティッシュを詰めておくと便利です。

ちなみに、帰りは途中で目覚めて少しだけぐずったので、これを口に入れると再び眠り始めました。

そして、着陸後にぱっちり目覚めると、美人のCAさんに笑顔を振りまきながら飛行機を後にしたちびたでした♫

***

こんな感じで一人で赤ちゃんを連れて飛行機に乗る事に成功。
まぁ、ここまで考え込まなくても国内なので、なるようになるし、とにかくCAさんが気に掛けて下さるので大丈夫だと思います(。-_-。)

ちなみにオムツ替えシート機内では使いませんでしたが、空港で利用するし、もしも機内で使う場合は固い板のようなオムツ替えの台だと聞くのであった方が安心ですね!

それに、2ヶ月なんて…と心配でしたが、ほぼ首も座って抱っこがしやすい。だけど、まだ動かないっていうこの頃の方が飛行機に乗りやすいのでは…と思います。
動きたいのに動けない方が大変そう(>_<)

そして、おまけ情報①
冷房も効いているのでおくるみも持とうかと思いましたが、寒ければ授乳ケープで代わりになるし、抱っこ紐をしていれば、あったかくて必要ありませんでした。

おまけ情報②
抱っこ紐を持ち歩く為、抱っこ紐収納カバーを使ってみました。
私が使っている抱っこ紐は、なかなかの大きさなので鞄にぽいっと入れられず…荷物、ちびた、抱っこ紐を一人で持つのは大変(>_<)
と、言うわけでカバーを使ってみると、これがとっても便利!!!

家に置いてる時もスッキリするし、移動の際も腰に付けておけたり、肩から下げられたりで今も大活躍しています♫
IMG_4864



おまけ情報③
私は空港のカウンターで、もしも隣りの席も埋まっていたら、授乳の為隣りに人がいない席への変更をお願いしています。

新潟便は、だいたい空いているので隣りどころか、通路を挟んだ隣り、そして前後の席にも人がいない所に変更してもらえました(笑)

同じ列に人がいた場合、通路側、窓側どちらがいいの??と、迷いましたが。
まだ景色を楽しむ月齢でもないので、通路側にしておきました。何かあった時に立ちやすいですしね!
授乳もケープがあれば、通路側でも気になりませんでした!

手荷物も空いている隣りの席に置いてベルトで固定しておけば離着陸時もオッケー!
そして、荷物の出し入れもしやすいので助かりました。
もし、席に余裕があれば確認してみて下さいね!

最後に、ANAでは搭乗記念にこんな物を頂けました♫

IMG_4862


飛行機の風船かトランプを選べたので、行きと帰りで一つずつ頂きました♫
FullSizeRender


帰りは、エコバッグも貰えました♫
FullSizeRender

以上、ちびたの飛行機デビューでした♫

大変だろうけど、もっと色々な事を楽しめるようになったちびたと飛行機に乗りたいなー♫と夢が膨らみます(*´ー`*)

それでは、今日もありがとうございました。